MENU

プログラミング教育は
2020年度から小学校教育で必修化されます

社会の技術革新が飛躍的に進む中、文部科学省は小学校でのプログラミング教育を必修化とし、 2020年度からの新学習指導要領において、理科や算数といった今ある教科の中に盛り込むこととなりました。 ロボットプログラミング教育は単にプログラミングができる人材の裾野を広げる、という意義にとどまらず、 論理的思考力や創造性、問題解決能力など、「社会で生きる力」を育みながら、総合統合能力を養うことも大きな目的のひとつとされています。

ロボット・プロらミングの3つの特徴

ロボットパーツはセンサーやモーターも含めて全てブロック式なので差し込むだけで組み立てることができます。ねじどめやはんだづけなどの作業は一切必要ありません。

組み立てたロボットのプログラミングはオリジナルソフトでアイコンをドラッグ&ドロップして行います。直感的な操作が可能な2種類のソフトが用意されており、初心者のかたでも簡単にプログラムを組めるようになっています。

豊富な種類のセンサー、モーター、ブザーが用意されているため、パーツを組み合わせることでつくれるロボットの幅が一気に広がります。

お気軽にお問い合わせください。050-5437-2085受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。
 
PAGE TOP