エデュコンは東京・永田町の学習教材(コンテンツ)制作&教育コンサルティングの会社です。

公務員試験の仕組みとは

エデュコンでは公務員試験の制作をするにあたり、そもそも公務員試験はどのような仕組みになっているかを紹介いたします。

Educate
Consult
System
I T
Solution

公務員と聞いてどんな職をイメージするでしょうか?市役所や区役所の窓口にいる人たち、警察官や消防官、国会議員など一言に「公務員」といっても様々な職種があります。公務員や公務員試験の概要・分類について紹介していきます。

公務員になるための手段は様々存在する。

例えば国会議員は公務員ですが、選挙に当選することでなることができます。他にも裁判官は司法試験、公立高校の教員は「教員採用試験」を受けることでなれる公務員です。これらは、いわゆる「公務員試験」を受験してなれる公務員ではありません。ただし、その他大部分の公務員がこの「公務員試験」を受験し合格することで公務員になることができます。

公務員試験の基本形式とは?

公務員試験は基本的に一次試験の「筆記試験」、二次試験の「面接試験」で構成されています。筆記試験は主に、「「教養試験」「専門試験」「論文試験」(「論文試験」は二次試験に含まれることも多い)の三つで構成されます。 しかし、これら三つが全ての「公務員試験」で課されるとは限りません。たとえば警察官などには、「専門試験」がありません。まずは、自分が就きたい職の試験にはどんな科目が必要なのかをしっかりと下調べが必要となります。 ただ、公務員試験には、「面接なし」の試験はありません。公務員試験はあくまでも「就職試験」ですから、人物を把握するための「人物試験」は避けることはできません。しかも、多くの公務員試験においてこの「人物試験」の配点を高くしている試験が多く質問内容に関してもその職種特有の質問をされます。

試験内容には「筆記試験」と「人物試験」の対策が必要です。

公務員には国家公務員と地方公務員があり、いずれの公務員になる場合も「公務員試験」を受験して合格する必要があります。具体的に「筆記試験」「人物試験」とはどういったものなのでしょうか。

筆記試験

大卒・上級レベルの一次試験では、「教養試験」に加え、「専門試験」と二2つの試験が課されることが多く、その出題分野も多岐にわたります。一般的には教養・専門ともに五肢択一問題が40題出題されます。ここに、自治体によっては「専門記述」や「小論文」を課す試験もあります。これらの出来不出来が大きく合否を分けるので加えてこれらの対策も必要になってきます。多くの出題範囲を網羅的に学習し対策を進められる教材や機会を準備することが非常に大切になってきます。大卒程度の試験で多くの方が受験を考える公安系公務員や市役所の職員の採用試験では多肢選択型試験に「専門試験」がなく「教養試験のみ」で受験できます。 ※各自治体によっては、記述試験を課すところはあります。 ※高卒程度や社会人経験者の採用試験では、専門職を除いて「専門試験」は課されません。

人物試験

人物試験はその名の通り、人物を判断するための試験ですから、「個人面接」「集団面接」「集団討論」「プレゼンテーション」など、様々な方法を複数回試験に分けて実施し受験者の人物を探ってきます。 さらにこの人物試験に合格したからといっても、試験によってはそれで内定が出るというわけではありません。国家公務員では官庁訪問や局面接、特別区で区面接などを課されて初めて採用確定になります。 面接では、その職種、自治体によって聞かれる内容は大きく変わっていきます。しっかりと職種や自治体についてどんな取り組みをしているか調査し、自分はどんなところに惹かれているか、などしっかりと準備をしておくことが大切です。 さらに、受験の際にはあらかじめ事前に面接シートを作成する必要があります。一次試験を通過した後にはこの面接シートをもとに二次試験で質問をされるので、自分がしてほしい質問をしてもらえるような書き方をすることもとても大切です。

準備と対策

筆記試験の準備

まずは一次試験である、筆記試験に必要な準備です。「教養試験」「専門試験」「小論文」すべての試験を受験する想定で紹介します。 標準的な準備期間は、一日平均4時間ほど、直前期は8時間程度勉強するとして、おそよ「半年~1年」です。 教養試験と専門試験の双方が課される試験を受験する方は、それぞれバランスよく学習していく必要があります。苦手な科目、得意な科目それぞれに偏りがちですが、各々に基準点とよばれる足切りラインを設定している試験も多くあるため、偏りは避けてバランスよく試験勉強をしておくことが必要です。

面接試験の準備

一次試験の筆記をクリアしたら次は面接です。 面接試験の準備にかける時間は人によって大きく異なります。その職種・自治体についての知識を蓄える必要がありますから、地元の地域以外を受けるなどといった場合は、一次試験の勉強よりも、自治体調査に時間を割く必要がある可能性もあります。 それらの準備をしたうえで、しっかりしゃべれるようにならなくてはなりません。何もせずにしれっとしゃべれる人もいるかもしれませんが、そうでない人がほとんどでしょう。 得意な方でも苦手な方でも必ず、数回は「模擬面接」を経験して、他者の目からの指摘を受けるようにしておきましょう。面接はなれの要素が大きく、何度か本番さながらのシミュレーションをしておくことは非常に重要です。

受験先の選択

公務員試験の準備として先に述べた筆記試験の準備と面接試験の準備はとても大切ですが、それよりも重要なのは、適切な受験先を選択するということです。 中には、自分はこの仕事・この役場と一つに決めている方もいるかもしれません。そういった方は、その試験に自分を合わせていくしかありません。しかし、多くの方が第一志望こそあれ、まずは「公務員になりたい」という思いを抱いている人がほとんどではないでしょうか。 公務員試験は年間を通して、全国で数多の試験が実施されています。この中から自分に合った適切な受験先を選択し、効果的な「併願」を組んでいくことが、「公務員」になるための近道になります。 自分の第一志望の型に合わせた併願をするのも良よし、自分がやりやすい受験型の試験を並べるもよし、自分に一番合った試験を選び、そこに向けて学習を始めることが重要です。

過去問の情報の入手

裁判所職員、東京都、特別区などの試験は著作権に関わる文章問題以外は各ホームページで閲覧することが可能です。 しかし、地方公務員の試験問題は、東京都や特別区を除き、原則非公開となっています。ですから、過去の受験者の情報収集が必要になってきます。この部分に関しては、どうしても自分一人で、というのは厳しくなってくるかと思います。そんなときには、大学の就職支援課に行ったり、各自治体の説明会などに参加したりして情報を収集しましょう。

公務員試験突破に向けて

公務員試験を突破して公務員になるには、「学力」と「面接力(トーク力)」が必要です。 どんな試験にも共通することですが、公務員試験も基本が一番大切です。特別な対策や、なにかを捨てて臨んで突破できるほど甘い試験ではありません。 地道にコツコツ努力できる人が公務員に向いています。そういった資質があるかを試験を通してためされています。 着実に努力を重ね、その成果を発揮しましょう。