エデュコンは東京・永田町の学習教材(コンテンツ)制作&教育コンサルティングの会社です。

編集・図版・校正(校閲)・印刷/製本

株式会社エデュコンでは学習教材の編集と校正(校閲)・印刷/製本を行っております。制作された教材の誤植などをチェックして正確な形で出版をするためのお手伝いをしております。

Educate
Consult
System
I T
Solution

編集・原稿整理/組版入稿・校正(校閲)・印刷/製本の特徴

教育に特化した専門スタッフたちが、
学習参考書・教材の企画立案〜執筆を終えた原稿を編集・原稿整理/組版入稿・校正(校閲)・印刷/製本をしていきます。

02

図版制作

学習教材の図版

エデュコンではAdobe社「Illustrator」を使用して図版の制作を行います。教材制作の要件によっても異なりますが、通常ですと初稿チェック後に大きな問題がないものから随時図版を制作をしております。また、図版制作のみを編集プロダクション様からご依頼いただく場合もございます。

03

組版

DTPでは主にエデュコンではAdobe社「Indesign」やモリサワ「MC-B2」を使用していきます。見本組で制作した統一体裁でページ組版が行います。組み上げた学習参考書・教材の内校を行い、修正をしてから校正(校閲)を行っていきます。

04

校正(校閲)

学習参考書・教材では、通常の出版物と異なり誤字脱字の「文字校正」とともにより細かい「内容校正」を行っています。学習参考書・教材の内容校正では、「問題が成立しているか」「解答ミスはないか」「学習指導要領を超えていないか」「学習内容上でミスではないか」をチェックします。エデュコンでの校正は「文字校正」と「内容校正」の2種類を、英語・数学(算数)・国語・理科・社会・公務員採用試験などの教科に満遍なく対応しています。

学習参考書の初校校正では、①原稿照合校正②素読みでの文字校正と内容校正③イラスト・図版のチェックの①〜③の作業を複数の校正者で行います。 ①の「原稿照合構成」とは「word」などのテキストデータでデザイナーに渡した内容が原稿にきちんと反映されていたり、ページ割りが間違っていないかの確認を行います。 ②の「素読みでの文字校正と内容校正」とは校正の編集担当者は、複数の校正の内容(ゲラ)に朱入れの内容を一本化してデザイナーに戻します。この際にレイアウトの統一、記号類の使い方、本文の言い回しなどの統一なども行います。 ③の「イラスト・図版のチェック」とは依頼をした情報を正確に反映した図版になっているかなどの確認を行います。

初校の校正内容を①素読みでの文字校正②内容校正を行います。最校での校正は教科書など内容によっては複数回行う場合があり、最校の回数によって費用が前後します。

再校校正の内容を朱字照合中心に行い、全ページを基本事項に従い点検を行います。 再校時に修正が多かった場合には、再度素読み校正で念を押す必要があります。

05

印刷・製本

学習参考書の印刷・製本では印刷会社にてオフセットにて印刷を行うことが多くあります。※印刷部数が 100 ~ 300 冊程度の場合はオンデマンド印刷を用いることもあります。 印刷の種類には主に ①無線綴じ ②中綴じ ③平綴じ があります。

エデュコンでは、様々なタイプの教材の原稿を
編集・原稿整理/組版入稿・校正(校閲)・印刷/製本のお手伝いをします。

  • 中学校・高校・大学で使用をする教材の校正(校閲)をしたい。

  • 入学試験問題(入試)の原稿の編集・原稿整理/組版入稿・校正(校閲)・印刷/製本・事前チェック・事後チェックをしたい。

  • タブレット用・アプリ用の映像授業用の問題の文字校正・内容校正をしたい。

  • 検定教科書・参考書の教材の校正(校閲)をしたい。

  • 学習塾・予備校で使用をする教材の校正(校閲)をしたい。


学習教材制作のフロー

一般的な学習教材の制作の場合

STEP01

学習教材の制作企画・スケジュール立案 / Planning

学習教材の制作をすることの背景と目的を伺い、このヒアリングをもとに弊社の編集プロダクションのスタッフが解決するべき課題を明確にして、学年・科目・レベルなど具体的なイメージに落とし込んでいきます。そして、内容をもとに具体的な学参制作スケジュール、どのように教材を制作するかなどの出題構成など提案書を作成していきます。

STEP02

原稿制作 / Contents

教材制作の提案書の出題構成をもとに制作する問題の題材や、教材の設問の流れを提示していきます。その後、より深めた内容をもとに各科目の学参制作専門の担当/プロのライターが、良問の教材制作、新傾向の問題の教材制作など高い品質の教材を制作していきます。

STEP03

校正・校閲 / check

完成した学習教材の原稿はプロダクション内部の編集スタッフが複数人で文字校正・校閲や出題範囲から逸脱していないかを内部でチェックして、教材の誤植や出題のミスを防ぎます。

STEP04

図版・組版・印刷 / Design・Print

学習教材の校正・校閲後の原稿を整理して、教材の図版の制作を行い写真やイラストを入れた上で組版を行い、印刷用のデータを制作していきます。校正紙のデータをもとに表現の修正や設問の条件追加など最終チェックを行います。

教材制作に関するコラム

エデュコンでは学習参考書(学参)に特化した編集プロダクションの目線でどんな教材がオススメであったり、よい教材制作の各科目の制作に関するコラムで情報を発信しております。

一覧を表示する 〉