エデュコンは東京・永田町の学習教材(コンテンツ)制作&教育コンサルティングの会社です。

校正・校閲の作業の留意点とは

書籍、書物、コンテンツ制作において重要な役割を果たす「校正」と「校閲」。出版社や新聞社、印刷会社などでは昔から行われている、公に文章を発信する企業には欠かせないプロセスです。校正・校閲ではどのような作業をするのかをみていきましょう。

Educate
Consult
System
I T
Solution

書籍、書物、コンテンツ制作において重要な役割を果たす「校正」と「校閲」。出版社や新聞社、印刷会社などでは昔から行われている、公に文章を発信する企業には欠かせないプロセスです。 校正校閲とは何か?と問われたら、「文章を修正する」という漠然としたイメージはあるものの、具体的にどのような作業をするのかはなかなかイメージが湧きませんよね。 今回は「校正」と「校閲」では実際にどのような作業を行うのか、押さえるべきポイントはどこなのかなど、その一例をご紹介し解説していきます。

校正・校閲とはどのようなものか

広辞苑によると、校正とは「①文字の誤りをくらべ正すこと。②校正刷を原稿と引き合わせて、文字の誤りや不備を調べ正すこと。」と記されています。具体的には、文章の中の誤字脱字や日本語の言い回し、原稿と校正刷を比べて相違点がないかなど、書かれている「言葉」の誤りを正すプロセスであると言えます。 一方の校閲とは「しらべ見ること。文書・原稿などに目をとおして正誤・適否を確かめること。」と記されています。具体的には、文書や原稿などに書かれた内容が事実と異なっていないか、言葉や文章の内容について整合性が取れているか、取れていない場合は訂正する、つまり言葉が指している「意味」や「内容」を正すというプロセスです。 どちらも文章内の誤りを見つけ、それを正すプロセスであり、文章作成において欠かせない行程ではありますが、それぞれの業務上でチェックする内容は異なります。校正は「言葉」自体を、校閲は「言葉が指す意味」を見る仕事なのです。 どちらも高いスキルや知識が求められる仕事であり、大手の出版社、新聞社、印刷会社には専門の部署が置かれているほどです。校正校閲はとても難易度が高く、重要な仕事であり、校正校閲専門の部署の担当者はいわば「日本語のスペシャリスト」なのです。 校正の仕事をするために必須の資格はありませんが、日本語そのものや漢字などについての深い知識があることは重要視されます。 また、学術系や美術系、歴史系の雑誌など、専門性の高い文章の校正をするのであれば、その専門分野における知識があるということも大事なポイントです。

校正でチェックするポイントはどんなこと?

校正や校閲を行う際は、ただ普通に文章を読んでいるだけでは、チェックすべき誤りを見落としてしまいます。このため、留意すべきポイントをしっかりと押さえてから行うとよいでしょう。 校正は、執筆者が書いた文章をチェックして、文法上の誤り・誤字脱字・漢字の間違いなどがないかをチェックする仕事です。 校正では「内容を読んではいけない」とよくいわれます。あくまでもそこに書かれている文字や言葉を一字一句、正しいかどうかチェックしていくことが大切なのです。 人の目やデジタルツールを駆使して誤りを見つけ、修正していきます。一度にすべての間違いを見つけることはプロでも非常に難しいため、同じ個所を何度も読み直してチェックを行います。 校正を行う際にチェックする項目は以下のようなポイントです。

①表記のゆれ

まずは「ですます調」もしくは「である調」のどちらかに統一されているかをチェックします。これらが混在すると、文章のリズムが崩れ、読みにくい文章になってしまいます。 また、同じように、一つの言葉でも「子ども」と「子供」のような表記の違いなど、ひとつの文章の中に表記のゆれがあると読みづらいだけでなく、筆者に対する信頼感の欠損につながることにもつながります。 文章に一貫性を持たせることで、読みやすい文章に仕上げるのです。

②誤字脱字

「以上」が「異常」になっていたり、「始め」が「初め」になっていたりと変換時のミスもこれに当たります。人が作成している文章である以上、どんなに気をつけても誤字脱字は出てくるものです。

③表現の誤り

ことわざや慣用句、熟語などは元々の意味とは違った意味で記憶していることがあります。このような思い込みで、ことわざや慣用句を適切ではない場面で使用していないかをチェックします。

④形式的な矛盾

例えば目次に書かれているタイトルと本文に使用されているタイトルが一致しているか、注釈の番号が間違っていないかというような、形式的な部分についても校正でチェックしていきます。

校閲でチェックするポイントはどんなこと?

一方で、記事の内容まで踏み込んでチェックするのが校閲の役割です。校閲では以下のようなことをポイントとして文章をチェックしていきます。

①記事内容の矛盾

例えば、文章が進んで行くにつれ主張が変わっていたり、登場人物の設定が変わっていたりということがないかをチェックします。このようなことがあると、読み手に不信感を与えてしまうため、気をつけなくてはならない箇所です。

②固有名詞の誤り

意外と思い込みによって間違うことが多いのがこの固有名詞です。例えば、「キヤノン株式会社」は発音では「キャノン」ですが、表記は「キヤノン」であり、非常に間違いやすい事例のひとつです。

③数字

例えば商品の価格が間違っていた場合、損害につながることもあります。また、分析資料などでは、具体的な数字を入れるとより説得力のある内容にはなるものの、数値を間違えては嘘を伝えてしまうことになるので、間違えが許されない部分です。

④事実確認

歴史的事実や因果関係などについて記述している場合、事実と異なったことを記載していないかを調べます。 また、引用が正しく行われているかどうかなどもチェックします。記載されていることが引用元の文章と同じものかどうかなど、引用元をたどって正確に再現されているかを調べます。 記された内容が事実と異なっていては、読者が困惑すると共に、発信者の信用問題、場合によっては訴訟問題にも発展しかねません。 また、不自然な日本語、接続詞、修飾語の使い方、使用している言葉の意味、言葉の「係りと受け」がきちんと機能しているかなど、日本語的な表現が間違っていないかなどもチェックしています。

学参の教材制作・校正校閲はエデュコンで!

校正校閲を担当し、通常の校正校閲はもとより、「問題が成立しているか」「解答ミスはなこれまで見てきたように、校正校閲はとても重要な役割を担っており、また作業内容は多岐にわたることがわかりました。 校正校閲には言葉や文章構成などの日本語に関する知識についてはもちろん、専門用語、専門知識、物事の背景や因果関係など、幅広い知識が必要になります。このため、校正校閲を行う者は、その道のプロフェッショナルであることが望ましいのです。 校正校閲を自前で行う場合、書物やインターネット、その他のツールを駆使して、様々な調査をする必要があり、膨大な時間とコストを費やすことになります。 このため、最近では校正校閲に関する有料無料の様々なソフトなど便利なツールも開発されています。また、校正校閲を専門の業者に外注する企業も増えています。 校正校閲に万全の体制を整えることは、クオリティの高いコンテンツ制作、ひいては発信する企業自体の価値を高めることにもつながるのです。 エデュコンは教育に特化したコンテンツ制作会社です。教育関連の教材を1から製作することはもちろんですが、お客様が制作された教材に関し、校正・校閲のサポートも承っています。当社では教育に明るい専門のスタッフがいか」「学習指導要領を超えていないか」「学習内容上でミスではないか」などの「内容校正」も行っております。学参の編集プロダクションとしてコンテンツ制作会社ならではのきめ細い対応が可能です。詳細はご相談ください。