エデュコンは東京・永田町の学習教材(コンテンツ)制作&教育コンサルティングの会社です。

教材制作のポイント

エデュコンでは、教育に特化して小学生・中学生・高校生・公務員試験などの教材制作を行なっています。編集プロダクションとして様々な教材を制作・チェックしてきましたがどのような学習教材が制作者の観点から良いものなのかポイントを紹介します。

Educate
Consult
System
I T
Solution

生徒の学力を鍛えるために欠かせないのが、やはり教材です。生徒にとってベストな教材を与えることができれば、その生徒の学力はどんどん伸びていきます。ここでは、シーンに合わせてどんな教材を準備していくことが大切なのかをご紹介していきます。

シーン①:学校

最も多くの生徒に関係してくるのが、学校教材です。また、最も重要な教材でもあります。塾や予備校などに通い、先取をしている生徒もいるとは思いますが、多くの生徒が学校での学習が初めての学習となるケースが多いです。その時の学習をより良いものにしていくためには、学校で扱う教科書や学習参考書(以下:学参)がより効果的なものである必要があります。

学校教材制作のポイント

学校教材としての教科書や学参に最も求められるものは、「丁寧さ」です。学校の授業での学習が初めての学習となる生徒が多数いる状態では、より細かく丁寧な説明が必要になってきます。どんな教材であっても、「教科書に載っているから」という考えで説明を簡略化してしまうのは、よくありません。勉強が苦手な生徒は、教科書なら教科書、学参なら学参、今開いている教材のみで解決しようとします。そんなときに、簡略化された説明がされていては、理解がおぼつかなくなり、より一層に勉強が苦手になってしまいます。 より効果的で丁寧な教材とは何かというと、それは一歩ずつステップを踏んでいける教材です。 「学校教材の理想ステップ 1.学習単元の説明 2.例題での並走 3.類題での練習 4.演習問題での反復練習 5.単元全体としてまとめ問題 6.応用問題 1.学習単元の説明 学校教材の最も重要な点はここにあります。まずは、丁寧にこれから扱う事柄についてしっかりと説明をすることで、まずは生徒の正確な理解を図ります。 2.例題での並走 理解がすんだら、まずはやってみて結果を示します。実際にどのように使われているかを見せることで、1.での理解をより強固なものにします。 3.類題での練習 しっかりとインプットができたら次はアウトプットです。例題と同レベルの問題を今度はすべて自力で解きます。 4.演習問題での反復練習 使い方がある程度把握できたタイミングで、完全に定着させるために繰り返し問題を解くことで定着させます。 5.単元全体としてまとめ問題 全体として総合的に定着しているかのチェックをします。抜けているところは、のちに立ち返ることができます。 6.応用問題 使いこなせるようになったら、少し上のレベルの問題にチャレンジし、得意意識を植え付けます。 学校教材としては、これらのステップを踏まえて作られていることが理想です。丁寧な説明、豊富な演習問題(難易度は低め)この二点を意識しておくことが大切です。

シーン②:塾・予備校

塾や予備校に通う生徒は多くが、受験勉強または、予備学習を目的として通っています。そういった生徒(親)たちは、学校以上の教育を求めて学校や予備校に通っています。なかには、学校の学習についていけず、補填が必要な生徒、受験のためにより高度な学習を必要とする生徒、学校ではあまり教えられることのない受験対策が必要な生徒がおり、学校とは違い、個々人の学習レベルに合わせた教材が必要となってきます。

塾教材制作のポイント

塾教材としての学参に最も求められることは、「多岐にわたるレベルに対応できる」ことです。 学力試験に向けての受験勉強であれば、偏差値50前後の学校を目指す生徒から偏差値70の学校を目指す生徒が学校のように同じテキストで学習するということは、非常に非効率になってしまうケースが多いです。ですから、学校の教科書レベルで丁寧な解説と、レベル低めの問題を多く含んだ学参から、初期解説は簡潔で、レベル高めの問題を多く含み問題解説が丁寧になされている学参までいくつかの段階に分けて教材を準備することがポイントになります。 中学受験でよく見られるようになった適性検査受検であれば、レベルに合わせた学習というのが難しい分、どんな生徒でも同じレベルまで引き上げなくてはなりません。適性検査は、あくまでも学校の「指導要領範囲内」というルールがありますから、まずは学校での学習を完璧に定着させ、思考力を鍛えていける学参が必要になります。そのためには、基礎の学習を何度も反復学習できる仕組みを持ち、後に適性検査の対策となる問題を提示できる教材を準備することがポイントになります。 推薦入試などの自己表現が必要な受験であれば、大人がどこまで手を加えるかというのも問題もありますが、面接や小論文といったオーソドックスな試験を想定すると、まずは話せるようになること、書けるようになることが必要です。あくまでも、自己表現ですから、与えられたテーマについて自分の考えを明確にする能力が求められます。しゃべることや書くことは実際に行うことで質を上げていくことができますから、より実践的なテクニックが知れて、練習課題が多く掲載されている教材の準備がポイントです。 学習補填であれば、学校での学習内容を確実に身につけていくことを最も重視しなくてはなりません。学校では、限られた時間で限られた学習をしていかなくてはなりませんから、そこで復習などをして過去に立ち返ることは多くありません。学習補填が目的の生徒の中には学校での限られた時間のなかで進んで行くカリキュラムに合わせて進むことができず、どこかに穴を作ってしまっている生徒がほとんどです。ですから、学習補填の学参としては、基礎的なレベルの問題をとにかく反復して学習できる仕組みを組み込んでいくことがポイントになります。

シーン③:家庭

塾や予備校に通う生徒通わない生徒、どの生徒にとっても家庭での学習時間が最も長いことは、間違いないことかと思います。なかには、そうでない生徒もいるかもしれませんが、塾や学校に通っていれば「宿題」という課題が出てそれは多くの場合、家庭でこなすことになります。家庭で学習をする場合最もネックになってくるのは、教師などの学習を見てくれる大人がいないことです。生徒は、一人で問題を解き進めていかなくてはなりません。ですから、一人でやれる教材が必要になってきます。

家庭学習教材制作のポイント

家庭学習教材として学参に求められることは「自走できる」ということです。 個人で先取学習をしている生徒を除けば、家庭での学習をする場合は、塾や学校で一度その単元に関しては学習をしています。だからといって解説部分を簡略化していいわけではありません。一度やったところだからこそ、家庭で復習する際に曖昧な解釈で定着させてしまうことを防ぐために丁寧な解説が必要です。一度学習した部分を確実に定着させる、過去の学習を振り返りもう一度しっかりと理解を深める、これらが家庭学習用の学参として求められていることです。ですから、とのかく「自走できる」ということを念頭に置き、複数のレベル別に問題を準備し、一つひとつに細かな解説をつけて、一問ずつその場で納得して次に進めることができる仕組みを組み込むことがポイントになります。 家庭学習教材としては、映像教材も効率的です。一人で学習する際のネックはわからなくなったときに確認することが難しいということです。しかし、映像授業であれば、繰り返し人の説明を見ることができるので、「自走できる」という観点からみると良い助けになります。この際の映像授業制作のポイントは、対象の生徒が躓きそうな部分はあらかじめ丁寧な解説を含めるということと、授業力の高い担当講師で映像を取るということです。質の高い授業であればそもそもの疑問を抱くこと自体を減らすことができます。